外壁工事で、家を綺麗に!

Renewal Style

外壁工事でよくある施工内容

外壁工事でよくある施工内容 外壁工事と一言でいってもその種類はいくつかあります。
では、具体的にどのような工事のことを指してそう呼ぶのでしょうか。
外壁工事の施工内容として、大体の人がまず一番に思い浮かべるのは外壁塗装です。
外壁塗装とは、日々の紫外線によるダメージや雨風が引き起こす腐食から家を守るための工事です。
近年問題となっている酸性雨や強すぎる紫外線から家を守り長持ちさせる役割をしている外壁塗装の修復や、外観の美しさを取り戻すために行います。
もう一つは、防水工事です。
防水機能が低下した建物の外壁に対し、防水性を取り戻すための工事を行います。
防水機能が低下してしまうと建物にとって大事な柱の腐食につながるほか、雨漏りを引き起こすためさまざまなトラブルの原因となってしまうからです。
また外壁補修工事というものもあります。
こちらは外壁も見た目を綺麗に補修するのももちろんですが、傷んだコンクリートを保護する工事です。
コンクリートは劣化がすすむと壁から剥がれ落ち落下する危険性もあり、そうなってしまうと人の命を奪ってしまう可能性もあります。
そういったことが起こらないように行う工事です。
このほかにもシーリング工事などと呼ばれる工事もあります。

外壁工事の依頼方法

外壁工事の依頼方法 外壁に破損や劣化が表れた場合は、早めに補修しておく必要があります。
外壁工事の依頼は、建築を行った業者を通して依頼するのがうまくいくコツです。
リフォーム専門の会社は価格が安く使いやすいので、つい、頼んでしまいますが、建物の中身を知っているのは建築した施工会社です。
価格的には高くなる場合もありますが、良心的な業者の場合は安くしてもらえる可能性もあります。
外壁工事では、塗装以外でも部分的な外壁の破損や、外壁以外に補修が必要なか所が見つかる場合もあるので、どんな工事にも対応できる総合的な建築業者のほうが有利です。
依頼する場合は当時の担当者を通すことが肝心です。
担当者はその建築の歴史を知っているので、補修においても適切な方法を探してくれます。
もし、当時の担当者が転勤等で居ない場合は、転勤先へ連絡して、だれか適切な担当者を紹介してもらう必要があります。
担当者が見つからない場合や、施工した会社がなくなっている場合は、別の施工会社を探す必要があります。
別の会社に工事を頼む場合に必要となるのが建物の図面です。
特に、建築確認申請の図面は大切ですので、建物が存在している間は、大切に保管しておく必要があります。

外壁工事の関連サイト

適性な時期に適性な工事を提案する大規模修繕施工会社のサイト

外壁工事 東京